すっぴん肌がニキビで見せられないときはこれで劇的改善!

 

 

 

思春期ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因ですが、大人ニキビは乾燥が原因です。
肌が乾燥すると肌表面を保護するため皮脂を分泌させ、その結果毛穴が詰まりやすくなってニキビができます。

 

ニキビができるととにかく洗顔が大事とばかりしっかり洗おうとしますが、洗顔料を使っての洗顔は一日一回で充分ですし、実はそのあとの保湿も重要なのです。

 

なかなか治らないニキビですっぴん肌が見せられない、というときは「ビーグレン」をためしてみてはいかがでしょうか。

 

ビーグレンのニキビケアは4ステップです。
まず、天然クレイの「モンモリロナイト」を利用した洗顔料は汚れや余分な皮脂に吸着し、それでいてしっとりと洗い上げます。

 

次のクレイローションは、炎症を抑えながらニキビや肌荒れを防ぎ、天然クレイが水分バランスのととのった肌にします。

 

Cセラムはほのかな温感を伴い、ソフトなピーリング作用で肌の生まれ変わりを促すビタミンC美容液です。

 

QuSomeモイスチャークリームは肌本来が持つ水分を作り出す力をサポートし、肌の潤いを長時間キープします。

 

ニキビで見せられないと悩んでいたすっぴん肌も、浸透力がすごいと評判のビーグレンのニキビケアセットを使うことで、次第に肌本来の健やかさを取り戻します。

 

大人ニキビは繰り返しできることが多く、乾燥だけでなく肌のターンオーバーの乱れが原因であることも考えられます。
食事が偏ったり、運動不足で新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーも乱れます。

 

また、日中にダメージを受けた肌の修復を行ってくれる成長ホルモンは熟睡しているときに分泌されます。睡眠不足はお肌の敵と言われるように、しっかり睡眠をとることが必要です。

 

強いストレスを感じる生活を続けていると、男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促し、肌を硬くし、毛穴を詰まりやすくします。ニキビ予防のためにもストレスは解消するようにしましょう。

 

悩ましいニキビもビーグレンを使えば改善できます。